好きなことを仕事にするのは正しい?


LINEで送る
Pocket

自分リーダーたのシゴト講師 柏原七帆子です。

>>柏原七帆子のプロフィールはこちら

 

「好きなことを仕事にしなさい」と言われる方と、「好きなことでは食べていけない」と言われる方がいます。

どちらが正しいのでしょうか?

私は、どちらも正しいと思います。

好きなことを仕事にするということと、楽しくシゴトをする事は、違います。

まず、あなたの好きなことを仕事にして、生活できるほど儲かる分野か考えないといけません。

 

先日、エステティシャンの子が、エステティシャンが夢で一生懸命に勉強をして、いざエステティシャンになったら、お給料があまりに安く、生活できない現実があるのだと言っていました。

好きな仕事なのに、続けられないと。

これも、現実としてあることです。

しかし、別の考え方もあります。

下積みをした後、自分でサロンを出したらどうでしょうか?

生活できないことはなくなりますよね?

好きな仕事をして、生活できるようになるのです。

これは、どこまで本気で好きなことをやり続けるのか!が、大きなカギとなります。

ほとんどの人が、「好きなことを仕事にする」という意味を、好きなことをして、ラクして、たのしく、稼ぎたいと思っているだけなのです。

 

もう一人、美容師になるのが夢だった私の友人がいます。

安月給で、夜遅くまで練習。遊びたくても、時間もないし、お金もない。

美容師の夢は諦めました。

が…楽しそうにしています。

要するに、好きな事を仕事にするから幸せで、そうじゃないと不幸…などということはないのです。

あなたが、どう考えるか?その一点です。

好きなことではなくても、どこに楽しさややりがいを見つけるか…。

楽しくシゴトをするとは、そういうことなのです。

それが、大切なのではないでしょうか?